ほっこり のち まったり 、ときどき くもり 。 22日の鑑賞記(ノ∀`*)てへぺろ←
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

22日の鑑賞記(ノ∀`*)てへぺろ←

DCIM0021.jpg
こちらの作品たち(ポストカードを撮影しています)。
図工、美術の教科書や資料で目にしたことがある人も多いのではないでしょうか

派手な作品ではないながらもアカデミックに激しい画家人生を歩み、
30歳の若さで他界した佐伯祐三氏の有名な作品の一部です。

…というわけで、先日22日に観てきました(((ヾ(  ´ ∇ ` )ノ



佐伯祐三とパリ-ポスターのある街角-
大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室

この展示場所、美術館の分室で今回初めて行ったんだけど。
ワンフロアの割になかなかちゃんとした会場で(*゜‐゜)へぇーとなりましたw
てかクリスタ長堀ってまだあったのね(´・ω・`)(爆)
いや破たんしたって聞いてからずいぶん経つけど…あるやん、みたいな(笑)

DCIM0018.jpg

まあそれはどうでもよくて(爆)、たった¥500の観覧料でいいの?
って感じにボリュームと趣のある良い展示でしたよ(*´ω`*)
TOPの写真にもある「郵便配達夫」や「黄色いレストラン」など、
有名なのもちゃんと観れてよかったです。

「ポスターのある街角」ってテーマにあるように、
この時代を代表するポスター画家の作品も一室に集められてました
大好きなアール・デコの、タイポグラフィを駆使したリトグラフのポスター作品にも目が釘付け
いいなあ。
あの時代のヨーロッパに住んでみたかった(笑)(*´ω`*)~
生まれ変わったら住みたいな(病)←

けっこう観覧客多かったのはやっぱ都市部だからかな~?交通の便はいいね。
ちっさいショップスペースでもポストカードの品揃えよかったし、
前回の伊丹のショップスペースのしょんぼり感(´・ω・`)(笑)払拭w



佐伯祐三といえば個人的な思い出。
図工教員時代に教材としても取り上げたことがありました
ああなつかしい(笑)。もう6年前になるのか( ̄▽ ̄;)

ちなみにこれがその当時の児童の作品です
児童の作品はそれぞれ本人に著作権があるのであまり公開できるものじゃないんだけど。
DSCF0273.jpg
実施学年は6年生だったけど、6年とは思えない素朴さがいいでしょ(ノ∀`*)(爆)
↑ 指 導 者 の 力 量 が な い だ け だ 。

別にあたしが考えた教材じゃなくてよその先生の実践を参考にしたんだけど、
(いや教材なんてそこかしこに虎の巻転がってるもんでw)
なんでか当時所属してた市内の造形教育研究会で、
他校の先生方からやたら「センスがいい」などとお褒めにあずかりまして(´・ω・`)
人の実践マネしただけなのになんか恥ずかしかった(爆)(*ノノ)www

でもこの教材のおかげで、自分の短い造形教育者としての人生が昇華しました。
この年であっさり講師をやめたのも、そんな満足感からだったな(*´ω`*)
いろんな意味でいい思い出です(笑)

さあ、今年はあといくつ展示観れるかなぁ。
そもそも趣味に合うのがないんだよな(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/26 ] イベントのこと* | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。